2017年6月1日から郵便はがきの料金等を改定し、一部を除いて値上げする日本郵便株式会社(JP)。この改定を受けて、郵便局用に作成されている『国内郵便料金等早見表』も改訂版が作成されました。さっそく早見表の最新版を入手したのでご紹介しますが、まずは今回の料金改定における変更点をもう一度確認しておきましょう。

2017年6月1日から郵便料金はこう変わる!

変更点は大きく2つです。

1.はがき料金の値上げ

通常はがきの料金を52円→62円往復はがきの料金を104円→124円にそれぞれ値上げ

ただし、年賀はがきの料金は52円のままで据え置き。この年賀はがき(52円)の料金が適用されるのは、12月15日から翌年1月7日の間に差し出される年賀はがき(通常はがきの表面に「年賀」の文字を朱書きしたものを含む)に限ります。つまり1月8日以降に差し出されたはがきは、通常はがきと同じ62円の料金が適用されてしまいます。詳しくは以下の画像をごらんください。


neageomote

「正月休みが明けてから、のんびり年賀状を出そう。。」と思っている人は注意が必要です。

2.定型外郵便物の料金改定(『規格外』について値上げ)

定型外郵便物のうち、A4サイズの用紙が折らずに入る角型2号封筒程度の大きさ、厚さ3cm、重量1kgを超えるもののを新たに『規格外』として定め、規格外については料金を値上げします。対して『規格内』の定型外郵便物については料金を据え置き、500gを超えるものについては20~30円の値下げとなります。詳しくは以下の画像をごらんください。


neageura

なお、郵便はがきの新料金(62円)に対応した切手・はがきが5月15日(月)より発売されています。新しい62円切手のデザインはこちら。ソメイヨシノが美しい。


62kitte

国内郵便料金等早見表(郵便局用)最新版

それでは、改定された『国内郵便料金等早見表』です。


早見表
レター・ゆうメール

【印刷用・PDF版のダウンロードはこちらから】

郵便料金等早見表(ファイルサイズ:4.77 MB)
レターパック・ゆうメール料金表(ファイルサイズ:3.42 MB)

新しい早見表は2017年6月1日(木)以降適用となります。

先月28日の記事『あと1種類足りない!郵便切手に物申す』でも少しふれましたが、この早見表、やはり日本郵便の公式サイト上では公開されていないようです。と思って新旧の早見表を見比べていると、小さな変更点が見つかりました。


[旧版](2017年5月31日まで)
郵便料金早見表 2014改定一部

[改訂版](2017年6月1日から)
新早見表一部

細かいところですが、タイトルが『国内郵便料金“等”早見表』と変更されています。またその下に小さく“(郵便局用)”という表示が入りました。これは旧版(2014年4月1日(火)以降適用)の早見表にはなかった表示です。この「郵便局用」という表示をみる限り、そもそも一般向けに作成されたものではないのかもしれません。

この早見表はA3サイズの両面カラー印刷で、裏面は『ゆうパック運賃等早見表』となっています。こちらは、ゆうパックが『地帯別サイズ制』であることから【北海道】【東北】【関東・信越】【北陸・東海】【近畿】【中国・四国・九州・沖縄】の6つの地域ごと(あるいは各都道府県ごと?)に作成されているようです。画像は割愛しますが、事務リーダーの手元にあるものは全て『北海道発の運賃』が記載されています。

早見表には(郵便局用)と書かれてありますが、窓口に在庫があれば誰でも貰えるんじゃないでしょうか(未確認です、すみません。もし問い合わせた方がいたら教えてください)。事務リーダーの地域は田舎なもので、料金改定の案内に局員さんがわざわざ早見表を持ってきてくれました。

改訂版の早見表も見やすくて便利なので、またしばらく愛用することになりそうです。

サラリーマン人気ブログランキング参加中!
↑一日ワンクリックで、事務リーダーがランキング上位にアホ面をさらします。